純石けんで顔も身体も紙も家も、あっちもこっちも綺麗にしちゃいましょう。

健康って何?

どれが純石けん?

純石けんってどこに売っているの?

純石けんってどこで買えるの?見分け方は?洗濯以外に使わないでくださいって書いてあるけど?

  • 純石けんってどこに売っているの?

    西友やダイエー等のスーパーの日用品売場にほぼ100%有ります。
    ドラックストアーの洗剤コーナーにも有ります。今はやりのエコロジーショップにも売ってます。
    さてどれが純石けんか。包装フィルムが透明なら真っ白な石けんを探してみましょう。
    名前はふきん洗い石けん、洗濯石けん、そのものズバリ純石けんと言う名前のも
    有ります。 これかなと思う石けんの裏を見て下さい。
    成分として(脂肪酸ナトリウム又は脂肪酸カリウム)が98%以上なら正解です。
    まさしくそれが純石けん。100円台で販売してるでしょ。

    さてさてじっくり包装を見てみると裏書きになんと洗濯以外に使わないで下さいとか、
    書いてあります。基本的に純石けんは洗濯用が多いんですが、
    洗顔や入浴にも使えると表示すると、薬事法に触れるためそう書かないといけないだけで大丈夫洗えます。

    「成分を確かめる」疑うことも大切なことです。

    有名タレントがお金をもらってCMで言っている事を信じるのか、
    自分で確認したことや実感したことを信じるのか考え直してみてください。

    『カラダは弱酸性だから弱酸性で洗いましょう』とCMしている製品も多いですね。
    そもそも 石けんはアルカリ性 。弱酸性や中性と表示がある物は 石けん ではなく 合成洗剤 です。
    皮膚は弱酸性。それは事実です。
    ですが皮膚には、もともとアルカリ中和能という保護機能が備わっており
    一時的にアルカリ性に傾いても皮脂や汗で肌は弱酸性に戻ります。
    アルカリ性でである石けんで酸性である汚れを洗うと
    中和分解されて界面活性作用はなくなってしまいます。

    純石けんの主成分である界面活性剤は脂肪酸ナトリウム。
    排水として川に流れていっても水中のカルシウムイオンやマグネシウムイオンと結合して
    石けんカスになって界面活性力がなくなり毒性もなくなります。
    石けんカス自体も生物の餌として食べられて解性が極めて良好であり、環境にやさしい。

    宣伝文句や商品イメージに惑わされないように、品質表示をよく見て、
    成分は何で出来ているのかを確かめることが、本当にいいものを手に入れる方法です。

    結構色んな会社が純石けんを販売しています。
    価格の差や使い心地は原材料の油脂(牛脂、ヤシ油、米油など)の配合比率の違いです。
    使ってみないと自分の好みか分からないと思います。色々Challengeしてみてください。

    ●パックスシリーズを発売している太陽油脂で
    サンプルやカタログを無料で貰えますので興味のある人は 太陽油脂へ どうぞ。

    生活していく中で汚れが発生しますが汚れには酸性、アルカリ性の2タイプあります。

    汚れを落とすと言うことは中和すること。
    汚れのタイプを見極めてから、洗浄剤を選ぶ事が大切です。
    酸性汚れ…衣類に付着するたんぱく汚れ、油汚れ、食べ物の汚れなど→ アルカリ性の洗浄剤で掃除
    アルカリ性汚れ…電気ポット内部のできる白い固形、お風呂などの鏡にできる水あかなど→ 酸性の洗浄剤で掃除

    固形の純石けん以外にあると便利なもの

    粉石けん(弱アルカリ性)


    洗濯用として。 界面活性剤分がすべて石けんで出来ている物を選びます。
    『家庭用品品質表示法に基づく表示』で 洗濯用石けん と書かれている物を買いましょう。
    洗濯用石けん にアルカリ助剤として炭酸塩が配合されている物がありますが問題ありません。
    炭酸塩(炭酸ナトリウム、ソーダ灰ともいう)は、
    生分解の終わった無機物なので、環境に負担をかけることはありません。
    粉石けんの溶けをよくし石けんの洗浄力を助ける役割をします。
    トッ○や、アタッ○、ビー○は粉石けんではないですよ
    合成洗剤です。粉状になっている合成洗剤です。
    洗濯用複合石けんも合成界面活性剤が入っています。

    品名
    界面活性剤分
    石けん分の割合 石けん以外の界面活性剤
    (合成界面活性剤など)
    洗濯用
    洗濯用石けん 100% 含有してはいけない
    洗濯用複合石けん 70%以上 30%未満
    洗濯用合成洗剤 70%未満 30%以上
    台所用
    台所用石けん 100% 含有してはいけない
    台所用複合石けん 60%以上 40%未満
    台所用合成洗剤 60%未満 40%以上

    液体石けん(弱アルカリ性)


    台所用や冬場の冷たい水での洗濯時に使うと便利です。

    セスキ炭酸ソーダ(弱アルカリ性)

    アルカリウォッシュという製品がオススメです。
    重曹と炭酸塩の中間物質であるセスキ炭酸ソーダは、硬水軟化作用を持つ温和なアルカリ剤で
    お肌にやさしく、入浴剤にも用いられています。
    油汚れを自然乳化して落とすはたらきがあり、手垢や血液などたんぱく汚れもすっきり。
    生分解の終わった無機物なので、環境に負担をかけることはありません。
    洗濯、台所周りからお部屋の隅々まで、一つで家中のあらゆるところをお掃除できます。

    石けん歯磨き(弱アルカリ性)


    石けんと言っても固形ではありません。練り歯磨きです。

    石けんクレンザー(弱アルカリ性)


    タイルなど洗うとき便利です。粉タイプと練り状の2種類あります。

    酢orクエン酸(酸性)


    アルカリ性に傾いた髪や顔を弱酸性に戻します。(リン酢)
    また電気ポットや食器洗い機の洗浄も出来ます。

>>さぁ洗おう♪

新米ママのおっぱい入門バナー
Copyright © 2000- 母乳育児 新米ママのおっぱい入門 All rights reserved.

新米ママのおっぱい入門

このHP内の検索が出来ます。
気になるワードで
検索してみてください。