母乳育児を応援します。おっぱいで赤ちゃんを育てたいママのための母乳育児支援サイト♪

新米ママのおっぱい入門

病院の指導 桶谷式マッサージ

メールマガジンバックナンバーです。

新米ママのおっぱい入門 No.13

創刊号 No.2 No.3 No.4 No.5 No.6
No.7 No.8 No.9 No.10 No.11 No.12
No.13 No.14 No.15 No.16 No.17 No.18
No.19 特別号 No.20 No.21 No.22 No.23
No.24 No.25 No.26 No.27 No.28 No.29
No.30 No.31
5月12日
--------------------------------------------------------------------------------
◆◆◆◆◆◆  
◆◆◆◆◆
◆◆◆◆          新米ママのおっぱい入門 No.13   
◆◆◆
◆◆
◆
--------------------------------------------------------------------------------
■□ 母乳で赤ちゃんを育てたいのに母乳不足などで悩んでいる新米ママへ
□■ 紗吉の母乳育児の経験を元にあなたの知りたい情報をお届けします
--------------------------------------------------------------------------------
□■□■□今日の話題■□■□■

  ・断乳後の修也と紗吉のおっぱい
  ・病院の指導 桶谷式マッサージ〜らおっちさんからのメール   

--------------------------------------------------------------------------------
□■断乳後の修也と紗吉のおっぱい□■
5月2日から決行した断乳も一段落し、ちっち大好きだった修也はもう紗吉の
ちっちを欲しがることは無くなり、すごい量のご飯をコレまたすごい勢いでバクバク
食べています。もう完璧な幼児になってしまいました。
授乳期間中の小食の修也はどこに行ってしまったのか?
しかも母乳を飲んでいた頃の柔らかい黄色のウンチはしなくなり、ほとんど大人と
同様のウンチのように固まりでするようになりました。
最大のスキンシップだった授乳が無くなった今、今度はママ抱っこして!して!
攻撃が始まっています。
かわって紗吉のおっぱいはしゅるるるるる〜〜としぼんでやっぱり垂れた…
あと2回ほど残っている母乳を絞りに桶谷式乳房マッサージに通う予定です。
--------------------------------------------------------------------------------
□■病院の指導 桶谷式マッサージ□■〜らおっちさんからのメール   
□ おっぱい入門のメールマガジン、いつも楽しく読んでいます。
■ 自己紹介が遅くなりましたが、私は今年の2月25日に女児を出産しました。
□ 私も紗吉さんと同様、退院するときに「母乳の後にミルクを与えてください」
■ と言われました。
□
■ まだ母乳の出もあまり良くなかったので、母乳だけで育てたいとは思っていた
□ ものの、子供が育たなくちゃ困るし、ミルクも飲みたいだけあげていました。
■ ところが、1ヶ月検診で今度は小児科のお医者さんに
□ 「赤ちゃんの体重が増えすぎなくらい。毎回ミルクをくわえるんじゃなくて、
■ もっと母乳を多く与えるようにしてください。」と言われました。
□ (つまり『デブ』の刻印を押されたのです!)
■
□ 出産した同じ病院でこんなにも正反対な事を言われてとてもビックリしました。
■ でも、小児科の先生の言うことはとても納得がいくもので、母乳の方が飲むのに
□ 時間も体力もかかるから量は少なくても満腹になるし、ミルクは消化が悪いので
■ 与えすぎは未熟な赤ちゃんの消化器官に負担を掛けるとの事でした。
□
■ そこの病院は入院中はあまり熱心に母乳での授乳指導をしてくれず、
□ こんなもんなのかなあ、そのうち私も(なんにもしなくても)母乳が出るように
■ なるのかなあとも思っていました。
□
■ 退院する時にサンプル用のミルクをたくさんもらいました。
□ 病院の受付でもそのミルクを購入することができます。
■ 紗吉さんがメールマガジンで書いていらしたように、病院とミルクメーカーの
□ 関係を考えるといや〜な気持ちになりました。
■
□ 実はその1ヶ月検診に行く前、産後3週目くらいに保健所の訪問を受けた際に
■ 「母乳で育てたいならミルクはきっぱりやめた方が良い」とは言われ、
□ 1日トライしてみたのですが、そのころは本当に出が悪かったので子供はずっと
■ 泣きっぱなし。
□ とうとう私も泣き出してしまい「今は出ないんだから仕方ない」っと自分に
■ 言い聞かせて混合に戻してしまいました。
□ でも検診の後ではなぜか
■ 「よ〜し、チョットくらい大変でも泣いておっぱいを欲しがったら何度でもあげるぞ」
□ と言う気持ちになれました。
■ 多分、母子共に外出の許可も出たのでそれだけでも気が楽になったのかも
□ しれませんね。
■
□ それからは午後に2〜3回ミルクを足すだけで、ほぼ母乳になりました。
■ それに驚いたことに、ミルクの量を減らしたら、それだけで顔に出ていた赤ちゃん
□ ニキビがウソのように引いてしまいました。
■
□ でも、まだまだ授乳間隔があかなくて(1時間も経たないうちに欲しがって、
■ それが続くとさすがにしんどい)どうしようと思っていたときに紗吉さんの
□ メールマガジンを読む機会がありました。
■
□ しかも偶然、同じ時期に入院していた経産婦さんに教えてもらった、
■ おっぱいマッサージの助産院も桶谷式!
□ これは行くしかないでしょう!と思い立って今現在、2回ほど通っています。
■ マッサージをしてくれる助産婦さんは優しいし、マッサージは痛くないしとても
□ 良かったです。
■ 1回行った後からは授乳間隔が少しずつあくようになってきました。
□ 少なくとも2時間くらい。
■ 飲ませた後に搾乳すると、わたしのおっぱいにはこんなに管が通っていたのか
□ と思うほどです。ピューって感じで(笑)
■ こうなってくると苦痛だった授乳が俄然楽しくなってきます。
□ 何て言ったって服をめくってあげるだけで良いなんてラクチン、ラクチン。
■
□ でもまだミルクを少し足していて、完全に母乳一本じゃないんです。
■ そのことを助産婦さんに話したからかどうかは分からないんですが、
□ また来週も行くことになりました。
■
□ ご存じとは思いますが、マッサージ代、一回の料金が結構高いですよね。
■ 「何回くらい来ればいいんですか?」って聞いたところ
□ 「う〜ん、何回とは言えないのよねえ」との返事。
■ 利益優先で助産院を開いているとは思えないですが、正直なところ、
□ これからもずっと通わなければならないとなるとお金がすごく掛かって困ります。
■ このまま言われるままに通った方が良いのでしょうか。
□
■ 家の近所には他にマッサージしてくれるところがあるのか分からないし...
□ 紗吉さんはマガジンに書いてあった1回2800円のところに、
■ どれくらいのペースで通っているんですか?

> 私も紗吉さんと同様、退院するときに「母乳の後にミルクを与えてください」と言   
> われました。   

母乳育児出来ないママが増えた原因は病院も大いに関係してるよね。

> 1ヶ月検診で今度は小児科のお医者さんに「赤ちゃんの体重が増えすぎなく   
> らい。毎回ミルクをくわえるんじゃなくて、もっと母乳を多く与えるようにしてく   
> ださ い。」と言われました。(つまり『デブ』の刻印を押されたのです!)   
> 出産した同じ病院でこんなにも正反対な事を言われてとてもビックリしました。 
  
ほほう。良い先生に当たりましたね。宝くじみたいだけど、良い先生や病院に
巡り会えることが母乳育児には大切ですね。        
> 紗吉さんがメールマガジンで書いていらしたように、病院とミルクメーカーの関係   
> を考えるといや〜な気持ちになりました。 
  
ほんとにねぇ。利益を考えられるのって嫌やね。

> 家の近所には他にマッサージしてくれるところがあるのか分からないし...   
> 服部さんはマガジンに書いてあった1回2800円のところに、どれくらいの   
> ペースで通っているんですか?  
 
実は4/10に八宝菜を晩ご飯に作って私は野菜だけ食べてたんだけど
旦那が残したのでついこってりした豚肉を食べちゃいました。
っていうか食べたかったんだけどね。
そしたら4/11の夕方から左のおっぱいがパンパンに痛くなって、、。
自分でかなり搾ったけど、修也はまずいっ!!と飲んでくれなかったので
マッサージに行ってきました。
でも桶谷式じゃない方に行きましたよ。だって高いもん料金…
しかも怒られるだろうし。悪いことしたのは分かっているけど
お金払って怒られに行くの嫌やもんね。
桶谷式にこだわらなければ電話帳で助産婦か助産院を調べて
1件1件電話して、マッサージをしてくれるのか確認してみて下さい。
紗吉は産院入院中毎日、退院してからも息子が1ヶ月まで平日は
病院にあった乳房マッサージに通っていました。
ですが、ここは桶谷式ではなく2,800円の所です。
出産時に左側の会陰を切開したけど右も裂けちゃって産後2ヶ月まで痛くて、
悪露も続いていたし、母乳は出ないし、修也は吸ってくれないしと、
半分死んでる様なブルーさで、毎日どんよりしながらマッサージに通ってました。
産後3ヶ月になって弟から(当時、紗吉の実家に住んでいた)
古本屋に行こうと誘われ、たまには外出して気分を変えようと思い、出かけた先で
桶谷式の本と出会いこの育児方法に感動しました。
巻末に桶谷式のマッサージを行っている施設が載っていて家から近いところに
あったので早速予約して行きましたが、連れていった修ちゃんのブツブツだらけの
顔を見た助産婦さんに「今まで食べた物がわかるわ」と食べちゃダメな物を連呼され
ながらのマッサージ。
そこのマッサーシは初回5,000円・次回から3,500円と主婦には痛い出費。
今まで行っていたところは2800円だったので、お金のためにも食べ物に気を付けて
出来る限り桶谷式で頑張ってみようと思ったんです。
でもやっぱり我慢できなくて食べちゃったりしてその度におっぱいがちくちくして
乳腺炎になったり、白斑を作ってしまったりと散々な目に遭っていました。
そんなときに行くのは病院の安い方です。
今は実家から独立したので桶谷式に行くのに1時間以上かかるし、
電車で赤ちゃん連れは乳腺炎の時は痛くて大変なのでね。
う〜んどれぐらい行ったかなぁ、、今度家計簿めくって確認してみようかなぁ
桶谷式に行くのはおっぱいが死ぬほど痛いときだけです。
マッサージも良いけどママが食事に気を付けるのが一番効果的です。
どうしても痛くて仕方ないときだけで良いと思いますよ。
--------------------------------------------------------------------------------
              

>>新米ママのおっぱい入門 No.14

Copyright © 2000- 母乳育児 新米ママのおっぱい入門 All rights reserved.

新米ママのおっぱい入門

このHP内の検索が出来ます。
気になるワードで
検索してみてください。