母乳育児を応援します。おっぱいで赤ちゃんを育てたいママのための母乳育児支援サイト♪

新米ママのおっぱい入門

やっぱり母乳が足りない?

メールマガジンバックナンバーです。

新米ママのおっぱい入門 No.25

創刊号 No.2 No.3 No.4 No.5 No.6
No.7 No.8 No.9 No.10 No.11 No.12
No.13 No.14 No.15 No.16 No.17 No.18
No.19 特別号 No.20 No.21 No.22 No.23
No.24 No.25 No.26 No.27 No.28 No.29
No.30 No.31
8月4日
--------------------------------------------------------------------------------
◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆
◆◆◆◆          新米ママのおっぱい入門 No.25   
◆◆◆
◆◆
◆
--------------------------------------------------------------------------------
■□ 母乳で赤ちゃんを育てたいのに母乳不足などで悩んでいる新米ママへ
□■ 紗吉の母乳育児の経験を元にあなたの知りたい情報をお届けします
--------------------------------------------------------------------------------
□■□■□今日の話題■□■□■

・とても嬉しかった〜ヒトミさんからのメール
・やっぱり母乳が足りない?〜かのんさんと紗吉のメールのやりとり
・健坊から見たちっち育児〜その1**紗吉妊婦編**

--------------------------------------------------------------------------------
□■とても嬉しかった■□〜ヒトミさんからのメール
■ いつもたのしく読ませてもらってます。金曜日がまちどおしいです。   
□
■ 実はうちの旦那もひそかに「おっぱい入門」を読んでいたようで、先日   
□ 夕食のときに「今日のおかずはおっぱいおいしくなりそうやな」と言って   
■ いました。   
□ 上の子(5歳・女の子)は私のポテトサラダだけマヨネーズで和えずに   
■ ヨーグルトで和えてるのを見て「大ちゃんのおっぱいのため?」ときいて   
□ きました。   
■「そうよ」と答えましたが、「周りみんなで理解してくれてるんだなぁ」
□ と思い、とてもうれしかったです。   
■ とても嬉しかったのでまずは報告まで…・・。   
□ これからもいろいろとありそうですが、このメルマガをはげみにがんばりたいと   
■ 思います。 

> 実はうちの旦那もひそかに「おっぱい入門」を読んでいたようで、先日   
> 夕食のときに「今日のおかずはおっぱいおいしくなりそうやな」と言って   
> いました。   

ご夫婦・ご家族で読まれている方も多いんですよ。
金曜日発行なので、週末にありがちのご馳走メニューに
セーブがかかって助かっているとのことです。

> 上の子(5歳・女の子)は私のポテトサラダだけマヨネーズで和えずに   
> ヨーグルトで和えてるのを見て「大ちゃんのおっぱいのため?」ときいて   
> きました。   

へー。かわいいなぁ。
しっかりお姉ちゃんらしく、ちっちのこと理解しているんですね。
将来(かなり先の話ですが)彼女がママになったときに是非、この発言を
教えてあげて下さいね。きっと良いママになるわよ。楽しみですね。
紗吉も次の赤ちゃんが出来れば修也はそんなこと言ってくれるかな?
男の子だし、ちょっと無理かな?
とてもほのぼのとしたエピソードありがとう。
--------------------------------------------------------------------------------
□■やっぱり母乳が足りない?■□〜かのんさんと紗吉のメールのやりとり
■ 紗吉さんへ。メールマガジンを読んで初めてお便りします。   
□ 
■ 現在4ヶ月の息子を持つ母です。   
□ つい先日4ヶ月検診が終わったのですが、3ヶ月検診では5070グラムだった   
■ 体重が5150グラムにしかなってなかったんです。たったの80グラム。   
□ 2ヶ月の中頃からオケタニのマッサージに通いはじめ、   
■ そのころはまだミルクを足していましたが、   
□ 3ヶ月の途中くらいから母乳オンリーにし始めました。   
■ でも体重が上がらなくて、今月ついにグラフの下側からもはみ出て   
□ しまったため保健所の再計測に来てくださいねと言われてしまいました。   
■ 
□ こんなになるまでにもっと早くミルクを足すべきだったのでしょうか…。   
■ 母乳がちょっとしか出ないって言う人は母乳100パーセントは   
□ 諦めないといけないのかしら。   
■ 
□ オケタニのほうからは母乳の子はゆっくり体重が増えるし、   
■ おしっこがちゃんと出ていれば大丈夫と聞いていて納得はしていたし、   
□ それを信じたい気持ちは今もいっぱいです。   
■ でも保健婦さんから   
□ 「母乳で育てたい気持ちはわかるけど、赤ちゃんの成長が大切でしょ」   
■
□ と言われると息子に申し訳ないことをしたような気持ちでいっぱいです。   
■ 
□ 私の授乳回数は一日だいたい11回で、昼間は1.5〜2時間おき、   
■ 泣いたら1時間しかたってなくてもやってます。   
□ 夜は3時間くらいで起きて泣くのでそのときやってますが   
■ 3.5時間くらいになってしまうことも。   
□ でも夜間授乳はかかしてません。   
■ 自分ではがんばっているつもりですが、もしかしたら一回に出ている量が   
□ すごく少ないのかなあ。   
■ 息子は飲んだ後自分で乳首をはなしてげっぷをすることもあれば、   
□ そのまま眠ってしまうこともあります   
■ (これって飲んで満足してなくて疲れちゃった?)。   
□  あと十日後の再計測の日がとても憂鬱です。
■ あとお盆の帰省も…(実母から何か言われるかもしれないと思うと)   

> こんなになるまでにもっと早くミルクを足すべきだったのでしょうか…。   
> 母乳がちょっとしか出ないって言う人は母乳100パーセントは諦めないと   
> いけないのかしら。   

ううん。どんどん吸わせ刺激を与えて、母乳を飲ませてあげて下さい。
体重を計ると言っても前回計った時と全く同じ条件なんて出来ないので
体重はあくまでも成長の目安だけど絶対ではないんだと考えて下さい。
・授乳後、授乳前の違い
・お腹にウンチが溜まっている溜まっていないの差
などでもね、体重測定は数値に影響が出ますよ…

> オケタニのほうからは母乳の子はゆっくり体重が増えるし、   
> おしっこがちゃんと出ていれば大丈夫と聞いていて納得はしていたし、   
> それを信じたい気持ちは今もいっぱいです。   

そうですよ、体重はあくまで成長の目安です。
それよりも、赤ちゃんが元気なのが、ニコニコしていて
瞳がキラキラなのかを見て下さい。
お腹が空いて母乳が足りていなかったら、元気していませんよ。
ママだってそうでしょう。空腹だったらニコニコなんか出来ません。

> でも保健婦さんから   
> 「母乳で育てたい気持ちはわかるけど、赤ちゃんの成長が大切でしょ」   
> と言われると息子に申し訳ないことをしたような気持ちでいっぱいです。   

80gしか増えていなくても、他には異常なかったんでしょ?
なら、桶谷の助産婦さんがおっしゃっているように問題ないと思います。

> 私の授乳回数は一日だいたい11回で、昼間は1.5〜2時間おき、   
> 泣いたら1時間しかたってなくてもやってます。   
> 夜は3時間くらいで起きて泣くのでそのときやってますが   
> 3.5時間くらいになってしまうことも。   
> でも夜間授乳はかかしてません。   

回数は修也もそんな感じでしたよ。1歳半の断乳まで1日最低8回は
飲んでしました。もちろん毎回同じ感じでは飲んでいませんよ。
沢山お腹一杯飲むときも有れば、ちょっと喉が渇いたからおくれって
感じで、すぐ離れて行くときもあるしね。
十分かのん’ずベビーに最適の量が出ていると思います。

> あと十日後の再計測の日がとても憂鬱です。あとお盆の帰省も…
> (実母から何か言われるかもしれないと思うと)  
 
体重はママが焦っても仕方ないですよ。
今まで通り自信を持って母乳をあげて下さい。
お母様にこの件、伝えちゃったの?
こういうことはあんまり言わない方が良いよ。
どんなお祖母ちゃんだって孫の事は心配です。
かわいくてかわいくて仕方ないんですよ。
ちょっとのことで、嬉しがったり心配したりで大変です。
あの歌がヒットしたのも分かる気がします。
お母様に最近体重増えているの?と聞かれたら
増えているよとだけ言いましょう。
後は抱っこさせて「ほらね、前よりずっしりするでしょう」と
先に言ってしまいましょう。孫のにっこりした顔でそれ以上言わなくなりますよ。
紗吉は、都合の悪い電話をママゴンから貰うと、
「あっ今、修也がにっこり笑ったよ」って言って話題をすり替えたりしましたよ。
かのんさんの赤ちゃんはかのんさんの母乳が一番最適なんですよ。
体重ばかりに気を取られる育児は楽しくありません。
赤ちゃんが元気なら問題ないですよ。
大丈夫心配しなくてもこれからぐっと増える時期が来ます。
ね。焦らずじっくり母乳をあげて下さい。
■ かのんです。   
□ さっそくレスいただいて、本当に嬉しかったです。   
■ 読んでほっとしました。   
□
■ >どんどん吸わせ刺激を与えて、母乳を飲ませてあげて下さい。   
□ >体重を計ると言っても前回計った時と全く同じ条件なんて出来ないので   
■ >体重はあくまでも成長の目安だけど絶対ではないんだと考えて下さい。   
□ >   
■ >体重はママが焦っても仕方ないですよ。   
□ >今まで通り自信を持って母乳をあげて下さい。   
■
□ そうですよね。   
■ 体重計測があるたびになんか憂鬱になってしまっていましたが、   
□ 焦っても仕方がないことに自分でも納得しないといけないですよね。   
■
□ >お母様にこの件、伝えちゃったの?   
■ >こういうことはあんまり言わない方が良いよ。   
□
■ 母は遠方に住んでいて、しばらくぶりに会うので   
□ (新生児の時しか会っていません)   
■ 絶対大きくなっていることは見てわかってもらえると思うんです。   
□ 電話でも体重の数値は聞かれたことなかったので、   
■ 帰ってもそこは伏せておこうかな。   
□ ホントの事をいっても   
■
□ 「だからミルクをやりなさいって言ったのに!」   
■
□ と言われるだけなので。   
■
□ 新生児の時も、保健婦さんの訪問のさいに   
■
□ 「母乳が足らないならミルクもやってください」   
■
□ という指導を受けたため、産後の母が手伝いに来てくれてる間は   
■ 母乳オンリーにできませんでした。   
□ そんなことから母の育児アドバイスにも素直になれない気持ちがありましたが、   
■ 紗吉さんのおっしゃられる通りかわいいから心配して言ってくれてるんだという   
□ 母の思いも解りたいと思います。   
■ 体重だけに過剰反応しないでおだやかな気持ちで母乳にとりくんで行きたいな。   
□ まだまだ食事など改善する点があるし。   
■ ハーブティもとても楽しみにしています。   
□
■ >大丈夫心配しなくてもこれからぐっと増える時期が来ます。   
□ >ね。焦らずじっくり母乳をあげて下さい。   
■
□ 今日からまた気分も新たにがんばりますね。ありがとうございました。   
--------------------------------------------------------------------------------
□■健坊から見たちっち育児■□〜その1**紗吉妊婦編**
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
ちょっとたまにはメルマガの雰囲気を変えてみるのも良いかなと、
旦那の健坊の目から見た、紗吉と修也の母乳育児について、
感じたことを書いて欲しいとお願いたら、なんか凄く長期連載になりそうな
原稿を貰いました。
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
ちっちママずのみなさんはじめまして
紗吉の旦那の健坊です。
「新米ママのおっぱい入門」ご購読いただきありがとうございます。
今日は妊娠中についてお話しようと思います。
妊娠初期、紗吉の場合、運動もしないし、体も小さいし心配はしていましたが
出産大丈夫なのかなと言う心配は常にありましたが、
何をしたら良いか分からないと言うのが当時の状況でした。
正直言うとパパにもうすぐなると言う実感がなかなかわきませんでした。
おなかが大きくなったり、おっぱいが張ったり、つわりがあったりしませんから
どうしても、夫婦で温度差があるのは仕方ないことだと思います。
とは言え少しずつは実感出てきますし、修也の顔をはじめてみたときは
感動と同時に頑張らないとダメだなと思いました。
子供を妊娠中の人で旦那が無関心だとか、協力的でないと
いらいらしてる人も多いでしょうが短気を起こさずに、
気長に考えて欲しいと思います。協力する人はするし、しない人はしないけど、
する人でも妊娠初期から積極的に本を読んで、健康に気を使ってくれ、
出産準備に奔走なんて事はないと思います。

胎動という感動的な出来事の少し後、1つ目の試練がやってきました。
紗吉の検診通院日、勤務時間中の会社に電話が入りました。
切迫早産で検診後そのまま拉致(即入院)!!られると言う電話でした。
紗吉たち(ミニマムベイビー含む)の体も心配だけど、うちには金がない。
出産予定日まで3ヶ月もあるで。コレが正直な気持ちでした。
この日から愛車スーパーDioSRでの病院通いの日々がスタートしました。
そんな私にまたもや追い打ちを書けるように2つ目の試練がやってきます。
日課となった会社帰りのお見舞いの時紗吉がこう言いました。
「同伴分娩してな」
だいぶ前にもそんなんいうてた様な気がするけど、今度のそれはマジでした。
すぐにOKせずはぐらかしたのに、後日紗吉は勝手に同伴分娩教室を
申し込んできました。(同伴分娩するためにはその教室を受講しないといけない)
「勝手に物事を決めるな」
と喧嘩したような気がするけど、申し込んでしまったので結局参加しました。
教室の時先生に、同伴分娩するのか聞かれて
「まだ決めていません」
と答えていました。当然他にそんな奴はいませんでした。
                        つづく
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
ほらね。
ちっちの話を書いてと言ったのに、何故こうなるのかは、健坊らしいのですが、
断乳までのちっち話まで何回連載したら終了するんでしょうか?
紗吉自身不安です。
ちっちの話はいつになったらでてくることやら…
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
--------------------------------------------------------------------------------
              

>>新米ママのおっぱい入門 No.26

Copyright © 2000- 母乳育児 新米ママのおっぱい入門 All rights reserved.

新米ママのおっぱい入門

このHP内の検索が出来ます。
気になるワードで
検索してみてください。