母乳育児を応援します。おっぱいで赤ちゃんを育てたいママのための母乳育児支援サイト♪

新米ママのおっぱい入門

桶谷式断乳

おっぱいにバイバイする日が近づいてきました。

1.桶谷式で断乳出来る条件としてあげているのは

一人歩きが上手に出来るようになっている

一人でしっかり歩ける=ママから自立できている目安です。
また歩行がしっかり出来る時期と胃腸環境が
食事から栄養が取り込めるようになる時期が重なっているということも有ります。

堅さのある食事を食べられる様になっている

沢山食べられている必要はありません。
断乳するとお腹がすごく空くので自然に沢山食べられるようになります。
断乳前には量よりもある程度の堅さが食べられているかが問題です。

おっぱいに何のトラブルもないこと

乳腺炎、しこり、水疱など

赤ちゃん、ママ、どちらも健康なこと

風邪など体調が悪いときは延期

他には

  • 夏場は少しずらした方が良い。
    母乳は食中毒を予防する助けにもなるし、
    夏水分をたくさんほしがるので梅雨が明ける7月末頃か
    夏の暑い時期を過ぎた9月頃に延期した方がいい。
    ママも断乳中は水分制限をしないといけないので、夏場にするとキツイですよ。
  • 引っ越しなどで環境が変わって間もない時など、
    赤ちゃんの心が不安定になりやすい時期にも避けた方が無難です。
  • 断乳をする前には尚一層食事に気を付けて今まで以上に
    美味しい母乳をあげる。
桶谷式の『母乳で育てる本』より

断乳の時期について引用します。
この文章を読めば断乳の意味を理解していただけるのではと思います。


***引用開始***
桶谷式のすすめる断乳方法は、赤ちゃんから一方的におっぱいを取り上げるというものではありません。
断乳はおっぱいを介して一つになっていたものが、時期が来て二つの個体になることです。
赤ちゃんは立って歩いて一人前の人間になったのであり、
断乳後は、人間と人間のコミュニケーションの特徴である『言葉』でお互いを理解し合うようになるのです。
母乳育児を通してお母さんと赤ちゃんは太い絆を作り上げていきます。
この太い絆は子供の心に絶対的な信頼感となって残ります。
このような絆が授乳中に作られたからこそ、きっぱりとした断乳ができるのです。
そして子供は、次のステップへすすんでいきます。
断乳は、巣立ちの準備が出来た子供の背中を押してやるようなものです。
熟した果実が枝から落ちるような、自然の営みです。
ですから、断乳は『いくつになったから、行う』というものではありません。
母と子が本当に満足するまで授乳を行い、そしてお互いの意志で卒業することが大切なのです。
***引用ここまで***


2.桶谷式断乳の方法

断乳一週間前

一週間前から「◯日でちっちおしまいね」と言い聞かせておく。
赤ちゃんにとっては悲しいことなので、あんまり言い過ぎるのも×。
1日1回だけ言うこと。

断乳前日

最後の授乳 「明日ちっちバイバイするよ。だからしっかり飲もうね」と確認させて
今日1日美味しい母乳をあげましょう。

断乳を始めたら数日間お風呂禁止なので今日綺麗に洗髪等済ましておきます。 (湯船につかると血行が良くなりおっぱいが張ってくるので)

断乳当日

体調が良いことが断乳の大前提です。(ママも赤ちゃんも)
もし体調が悪いなら日程を組み直しましょう。 無理に進めてはいけません。
「もうこれで終わりよ、しっかり飲んでね」と
朝1回だけ飲ませて終わりにします。
授乳が済んだらおっぱいにへのへのもへじを書きましょう。

パパと赤ちゃん 赤ちゃんが欲しがって服をめくりあげようとしたり、
おっぱいを触ったりしようとしますが、
飲みに来たらそのへのへのもへじのおっぱいをみせて、
「もうないよ」と言いましょう。
おっぱいから気をそらすために、疲れるぐらいに遊んであげましょう。
そうすると夜しっかり寝ます。(パパの出番ですよ!!)

夜寝る前にはお茶を母乳の代わりに与えて下さい。
夜、泣いても、かわいそうだからとあきらめて
母乳をあげるのだけは止めましょう。
断乳をすると決めれば、断固として断乳を実行するようにしましょう。

きちんと時期を見極めて断乳のいい聞かせをしていれば
泣いても授乳してはいけません。ママを試しているのです。
中途半端に実行すると、2回目実行しようとしても困難になります。
赤ちゃんにとって大迷惑!
そっちの方がかわいそうです。
ママはお風呂は禁止。下半身を洗うのみで上半身は拭く程度にします。

ママご苦労様でした。
赤ちゃんよく頑張ったね。これからはご飯しっかり食べてね。

紗吉 断乳するとおっぱいは信じられないぐらい張って痛くなります。

痛くなった時だけ、手で軽く搾乳します。 搾りすぎても×。2日間は我慢します。
3日目にスッキリする程度に搾乳します。
この時きちんと処理しておかないとしこりが残ったりする事があります。
乳房マッサージに行って搾ってもらうことをお勧めします。
この3日迄入浴は禁止にします。(入浴すると血液の流れが良くなり、また張ってきます)
●3日目以後は痛くなった時だけ軽く搾乳をします。
●その後また搾乳するのは断乳10日目、1ヶ月、2ヶ月で終了。
●ママは断乳前後1ヶ月は特に母乳によくない食べ物は控えておいてください。

私は断乳開始1ヶ月前から 母乳分泌制御ブレンド
詰まらないようにケアをして セージ を断乳時に飲用しました。

セージは一人目の時から断乳に取り入れておりました。
担当いただいた桶谷の先生も「セージって凄いのね」と効果を実感していただいたようです。
二人目の断乳では1ヶ月前から「母乳分泌制御ブレンド」を飲み始め、(その時の日記は→こちら
断乳開始と同時にセージを1ヶ月飲んだので
しばらくセージの入ったブレンドは飲みたくないなーと感じました。
セージはハーブの中でも癖のある味ですから。
効果があると分かっていても残念ながら味に飽きてくるんですね。
二人目はしっかりとセージ飲んだおかげで一人目の時より断乳が楽に感じました。

断乳作戦実行中 のレポートもご覧下さいませ。

▼こちらで購入できます
母乳育児支援ハーブ専門店ハーブガーデンショップ

母乳分泌制御ブレンド


母乳の分泌が多すぎて、乳腺炎やつまりを繰り返しているママへの母乳分泌抑制と、質の向上目的のブレンドです。
【配合されているハーブ】セージ・カモミール・ネトル・ルイボス・エルダーフラワー
母乳分泌制御ブレンド

セージ


断乳開始から1週間は、胸の張りがひどく痛みます。
母乳分泌抑制効果があるとされるセージで胸の張りを落ち着かせるのもお勧めです。
1000円/100g
セージ

>>断乳作戦〜計画編

新米ママのおっぱい入門バナー
Copyright © 2000- 母乳育児 新米ママのおっぱい入門 All rights reserved.

新米ママのおっぱい入門

このHP内の検索が出来ます。
気になるワードで
検索してみてください。