なんと今日はベーコンエピを焼くという。
今までパンを焼いたこと無いのに初回がいきなりベーコンエピ。

いや、小さい頃HBでこねた生地を一緒に成型してミニパンは作ったこと有ると思うけど。
私だってベーコンエピは作ったことは無い。

もちろん、修也も私もベーコンエピは大好きだから、作りたいという理由は分かるけど。凄いなー

あれやこれや苦労してっていうか、昨日のロールキャベツの時も「ドコに何があるか分からへん」のが面倒だったみたいよ。

何度も店舗に来ては「大さじがドコにあるのか分からん」「ホームベーカリーの羽はドコなん」「のし棒は?」「余熱どうするん」ってこれ私が4割作ってないか(‘-‘*)

切り込みに躊躇しちゃって形がいまいちだけれど
できあがったベーコンエピはなかなか美味しかったです。

小麦粉もドライイーストも余ってるけどなまた作ってくれるかしら。
今度はクロワッサンが良いなー

45歳になりました。

少し前から修也が「バースデーディナーを作ってあげる」と言ってて楽しみにしてたら、ロールキャベツとミネストローネを作ってくれました。

いやん。すごい嬉しい!

味見したミネストローネが美味しくないっていうから「にんにく入れた?」と確認してみたらビンゴだったようで、適量入れてあげたら整いました。

また作ってくれるかしら。
良い誕生日になったわ。
ありがとう!

夜は中学校の同窓会が有るらしくて一端帰した修也。
健一さんが登山でいないので私が玄関先でスーツ姿を撮影しました。
ちゃんと取れてるか不安や。

成人式で貰ったという袋に「レインボーラムネ」

生駒市のレインボーラムネは有名だから。でも成人したからという式典でお菓子かいっ。

で、その「レインボーラムネ」が7粒だけだったので「開けて食べたん?」と聞いたら7粒だけやったらしい。
貴重な品物だからってのは理解できるけどなぁー
もう少しくれても良いやん。

隣の奈良市の成人式はロッチの中岡がゲストだったって。奈良県出身やけど橿原市なのになぁ(‘-‘*)

ニュースで「平成最後の成人式」って。
まぁ最後やけど、何でも平成最後言うな。成人式は一人一回でたまたまそれが平成最後なだけでニュアンスが違う。

日付も変わろうとしている頃、
修也から「ドアにカバン挟まって終電逃した」とスカイプが届いた。
意味が分からん。

WBSを観てる健一さんに「どういう意味やろか?」と見解を尋ねたけど私と同じく?

「どこにおるん」と返信したら「学園前」続けて「生駒までは多分戻れる」

何故に学園前に居るのか?謎は深まるばかり。
生駒線、王寺へは23:57が最終やから、学園前からじゃ生駒までしか戻られへんわなぁ。
でもなぁもう迎えに行かれへんわ。

チキンマックナゲットの無料券が明日の4:59で期限切れになるから
寒い中23:30頃にマクドに行ってポテトL150円と買って帰りチューハイの缶を開けて呑み始めた所。
もう二人とも飲酒運転になるから迎えに行けない。

健一さんが「東生駒やったらバスあるかも」と検索してくれたら0:02が最終バス。後5分ある。
バス停から家までも1.2km離れているけれど全行程歩くよりはマシ。
バスがあることを伝えてみたけれど、まだ学園前やからそのバスには乗られないって。

結局何とか歩いて帰ってきたんだけれど、そもそもの「ドアにカバン挟まって終電逃した」ってどういう事なん?

聞くと、床に置いていたリュックの紐が途中の停車駅でドアが開いた際に挟まっていたらしく
生駒で下車しようとした時に挟まっていることに気がついて引っ張っても無理。
紐って最後折り返して縫ってあるでしょ。その厚みがドアのゴムを抜けられなかったと。

で、そちら側のドアが次に開くのが「学園前」だったって。なかなかの体験したなぁ。

周りの人に声かけて何人かで引っ張ったら抜けたんちゃう?とも考えたけれど
恥ずかしくて声かけられなかったって。

修也が二十歳になりました。おめでとう。
もうそんなに経ちますか。
1998.11.9 PM10:13
月曜日だったようです(‘-‘*)
もう忘れてたよ。

歯医者で先週取れた被せを新調。2週で済んで良かったよ。
修也は今日は帰ってこないと言うから、特に誕生日祝いのメニューにすることもないし
歯医者の横のスーパーで総菜と安くなった弁当を購入し晩ご飯に。

でも夜遅く帰宅してきた修也。
「何で帰ってきたん?」と誕生日の日に冷たい質問をする私に
「学祭前にはきちんと寝とけって言われたから」と。

えー 週末学祭なん?
行ってみたいなと思ってたのに、催事と重なってるやん。
っていうかもっと早く教えてくれたら良いのに。

お腹空いたって言うから、居酒とぅいで食べようと思ってた総菜の焼きそばを
「半分だけレンジで温めてたべや」と勧めて誕生日の晩餐は終了。

まぁそのうち美味しいものでも食べましょう。

あと10日で二十歳になる修也に日本年金機構から「国民年金加入のご案内」の封書が届いた。

2007年、日本中に衝撃が走った「消えた年金記録問題」。
あれ結局どうなったか知ってる人って少ないのでは?
騒ぐだけ騒いでその後を報道することって無いからなぁ。

社保庁の前で 泣かないでください
そこにデーターはありません 年金なんか有りません

みたいな感じで”千の風になって”の替え歌をザ・ニュースペーパーが唄ってた。

毎年誕生月にねんきん定期便っていう封筒が届くようになったのも「消えた年金記録問題」の経緯があったからだけど凄い経費掛かってるよなぁ。

明治政府になって廃藩置県のところまで「西郷どん」進んでたけど、この後名字が与えられて戸籍作って税収を整えるところは良かったんだけれど
個人番号で収入も預貯金も管理するマイナンバー制度導入は成功するんかねぇ。

昨日美容室でカットしてるし「数日早いけど来月分の小遣い先渡そうか?」と修也に提案してみた。
そして3000円分はQUOカードで支払う了解を得た(‘-‘*)
2018年9月29日(土)査定結果

win-winやな。

日本脳炎予防接種を終えました。
これで子ども達の予防接種はコンプリートです。

診察室で修也が問診されている間、ふと先生の背後にある専門書の背表紙に目が留まった。


失神を究める

すごいな。失神だけの専門書があるんやな。

失神は日常的に遭遇する症状であると共に,生命に危険をもたらす初期症状ともいえる。また,高齢人口の増加,突然死発生の病態理解,診断学の向上により,さらにその意義を増している。
現在の循環器診療において失神に対しての注目度が高まっている理由としては,日常臨床において生命をきたす基礎心疾患が非常に多岐に渡り,鑑別に際して苦慮することが多いことが挙げられる。
本書では,失神の特徴ごとに病態を理解し,その後,具体的に症例を挙げて治療戦略を解説することにより,1冊で失神についての重要事項が理解できる。また,救急を含めた循環器臨床における最新の治療法を紹介することにより,必須知識が身につく構成となっている。

受付で母子手帳を返却して貰うとき、【5歳の頃】ページに挟んであった写真が見えた。

看護師さんが「かわいいですね」とその写真と私の後ろに立っている19歳11ヶ月の修也を見比べて言う。
下の乳歯が抜けたことを見せてる写真でおまぬけな顔だけど
そうねー 可愛い時代もありました。

これで母子手帳ももう使うこと無いかな。

20歳になる前に日本脳炎の予防接種を受けましょう

平成7年4月2日から平成19年4月1日までの間に生まれた人は、20歳の誕生日の前日までに第1期と第2期の不足分を接種することができます。

そのお知らせが来てから随分と経つ。
そして20歳も迫ってる。来月やで。来月言うても11/9やから!

夏休み中に受けるからと言いつつバイト有るから予約の電話できないとか、夜勤のバイトから帰ってきたら眠たくてもう電話できないとか。
そんなんで社会人なれるん?

せっついて動いたかと思ったら、指定医療機関じゃない病院に行って「有料で保健所で受けてください。」とトンチンカンな返答を貰って帰ってくる始末。

指定医療機関で無料で受けられるのが20歳までやねんって!
もぅ!

で、ようやくあやねも受けた病院に問い合わせて予約取ったって。
そして当日は母親と一緒に来て下さいって言われたと。

予防接種は、保護者の同伴が必要だけれど、
13歳以上の日本脳炎予防接種については同意書に保護者が署名していれば
保護者が同伴しなくても予防接種を受けることができるのになぁ。
まぁ付いていくけど。19歳と11ヶ月の息子に。

修也が原付免許を取得した。
夏休みに教習所通う予定が叶わず、とりあえず原付だけでもって。

免許の写真、見たけど何ら問題なく何ならいい感じなのに本人は「片目が小さくて」だって。

そんなんお母さん気になった事無いけどなぁ


■なんばりん
免許取得おめでとうございます!身分証明書になるし良いですねー先月長男がバイトをする時に自分名義の銀行の口座がないので開設しにいったら、免許もないしパスポートもないしマイナンバーカードも作ってないので、証明書類に健康保険証と母子手帳を使いました!(もちろん住民票でもOKですが発行手数料かかるし・・・)以前紗吉さんが日記で母子手帳が使えた話を思い出して侮れない手帳だと再確認しました!(成人するとさすがに母子手帳は無理ですが笑)
2018年10月3日(水)


■紗吉
修也もバイト先に指定された銀行口座を作る必要があって、結局そのときは住民票を発行しました。
今回免許取得で住民票が要るとなったとき、その住民票が発行から6ヶ月以内で使えたの。
無駄にならなくて良かったです。
2018年10月4日(木)

ページトップへ